喜ばれ求められる社会へ。
心からのサービスが活きている会社へ。

私たちは全力をあげて美味しい楽しい食事づくりに取り組んでいます。

社長挨拶

弊社は、病院を中心に、福祉施設、オフィス、工場、寮、保養所など広い分野に食事を提供する給食サービスを展開しております。
食事を美味しく楽しく味わっていただくためには、誠意に始まり誠意に終わることが大切です。食事を味わうお客様の立場に立ち、気持ちを汲む。 それが弊社の業務の基本であり、基本に忠実でなければならないことだと考えています。
「給食は日本給食サービス」とご信頼いただき「美味しく楽しい食事」が弊社の代名詞であるように、私たちはつねに努力をおこたらず、全力を傾けます。
積み重ねたノウハウ、新鮮で高品質の食材、すぐれた調理技術を活かし、ますます多様化する「食」へのニーズにお応えいたします。
弊社はまた栄養・衛生管理改善のコンサルティングや厨房設備の設計にも取組んでいます。熱意をこめて人材の育成に努め、経営システムの合理化を図ります。さまざまな個性、 豊かな可能性をそなえた若い人たちとともに新しい分野にチャレンジしていきます。
弊社の経営姿勢を充分にご理解いただき、システムをご利用いただくようお願いいたします。

日本給食サービス株式会社
代表取締役社長 大久保 潤二

病院福祉給食

ひたむきに前向きに、病院給食。
取組む姿勢と実践が信頼されています。

どうしたら患者さんに美味しく楽しい食事を提供して、回復や治療のお役に立てるのか。
弊社は熱意をこめて、理想の給食を求め続けています。病院給食に精通したノウハウによる高い実績は、医療機関からの大きな信頼の証です。また幅広い分野、新しい分野への対応が評価されています。

おもてなしの心。ホスピタリティサービス

心をこめた、気持ちがとけ込んでいる食事は、患者さんの心を開き、満たします。
おもてなしHospitality第一の給食システムです。

○美味しさ発見の食事療法
「食事療法のためにする食事」から「楽しく美味しい食事による食事療法」へ、患者さんの回復を願い、このような食事づくりを心がけています。
○コンピュータ管理のメニュー
コンピュータシステムにより、患者さんのニーズに応えるバラエティーに富んだメニューづくりができます。患者さんが食事を選ぶ選択食にも対応しています。
○高性能の保温配膳車が活躍
温かいものは温かく、冷たいものは冷たいうちに。保温・保冷装置を備えた配膳車が、軽快に活躍、適温給食を行っています。
○適切な栄養相談
病院のご要望によって、患者さんひとりひとりの状況に応じて医療と一体化した栄養相談を実施しています。
○糖尿病フレンチの会
糖尿病食は、健康食であると言われながら、患者様は制限されるというイメージを持っていらっしゃいます。一人でも多くの皆様に治療食でありながら、 健康食であるフレンチのフルコースを味わっていただきたく、患者様やクリニックの先生方といっしょに開催しています。
○ソフト麺
ソフト食とはミキサー食の前の段階の食形態で、見た目彩りが良く食材の形もわかり、キザミ食の代わりとして高齢者のために提供している食事のことです。ソフト食の特徴としては
1.舌で押し潰せる程度の硬さである。
2.食材の形がわかるもの。
3.口腔内ですべりが良く、移送しやすく飲み込みやすい。
ツボを心得たメニュー・万全なケアの福祉給食

介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、ケアハウス、有料老人ホームなどあらゆる高齢者の福祉施設の食事を引き受けます。 これらの施設に入居されている方々は食事が何よりの楽しみです。

数多くの福祉施設の食事を手がけさせていただいている弊社では高齢者の嗜好を熟知しており、様々なメニューを用意しております。

また病院給食や行事食の経験も豊富ですので高齢者に多い疾患に対する個別的な食事のケアも万全です。 ツボを心得た行事食メニューは入居者の方々から大変喜ばれております。

○敬老の日
「おとしよりは国の宝」という考えに基づいて、毎日の食事サービスに努めていますが、この日はより一層腕によりをかけてこしらえたお祝い膳を召し上がっていただいております。
○長寿のお祝い
年1回、当社のお客様の施設では満90歳以上のおとしよりの一人一人をお祝いするため、お客様との事前打ち合わせによる特別仕様の料理を楽しんでいただいております。
○マグロの解体
各施設でご好評いただいています当社オリジナルの演出による解体ショーです。目の前でマグロ1本を解体する姿はまさに豪快で、その後の刺身やにぎりへの期待を大きくする効果はバツグンです。
○バイキング
ご家族を招いて一緒になって楽しんでいる食事会です。
毎月か2ヶ月に1回開催し、施設とご家族とのすばらしいコミュニケーションの場になっています。
その他の集団給食

「ハートファースト」。美味しさひときわ。
ふれあい豊かなフードタイムです。

清潔なキッチンから、見るからに新鮮で食欲をそそる料理がテーブルへ。
オフィス、工場、学校給食、寮・保養所さまざまな場所の食事シーン。美味しければ美味しいほどに、話も弾み、ふれあいが深まります。
食事は、元気はつらつの素、楽しみの最たるものです。
一枚のディッシュにこめた心尽くしの味。一人一人が力を合わせたきめ細かいサービス。グルメの時代、食文化の時代にこそ、お客様への感謝の気持ちとともに、忘れてはならないことだと思います。

○社員食堂
ご要望に応じたシステム運営。定食システムでも、麺類を加えた二本立てシステムでも、またカフェテリアシステムでも、バラエティに富んだメニューを適正コストで提供いたします。喫茶やパブ形式の社員クラブの運営、弁当調整や社内の催物に欠かせない宴会など、社員食堂に付帯したものすべてをおまかせ頂いています。またお客様の健康管理面を重視し、糖尿病や、塩分制限の対応食にもお応えいたします。
○寮・保養所
独身寮の食堂運営はもとより、寮の管理も併せてお引き受けいたします。寮内の巡視、災害の防止、共同施設の清掃保全、電話や郵便物の取次ぎ、寮生の個人別食費などの集計その他、必要とされる寮管理をこなし、かつ、寮生の栄養及び嗜好を管理し、ときには歳時メニューも活躍します。
○学校給食
次の時代を担う小学校・中学校の児童・生徒に対するバランスのとれた給食や、各種養護学校などの給食も受託しています。
真空調理品

安全かつ衛生的でいつも美味しい食事で
お客様との信頼関係を築きます。

安全かつ衛生的でいつも美味しい食事をより安く提供し、顧客との信頼関係を強固なものに築き上げていくための一つの手段として、当社では真空調理品への取り組みをしております。調理人の技量により味や出来上がりにバラツキが生じやすい料理では、顧客からの不満につながりかねません。

当社では永年、洋食、和食、中華の世界で高度な調理技術を身につけた調理人が、当社のセントラルキッチンにて大量に調理し、安全性の面、衛生的な面、美味しさの面のすべてにおいて質的にすぐれた料理品を提供でき得るようになっています。
また、一ヶ所で一括に大量調理するために各事業所(サテライト)におけるゴミの発生減量にも役立っています。

○真空調理法の定義
鮮度管理された食材を生のままあるいはあらかじめ熱処理して、調味料、調味液と一緒に真空包装し、温度と時間の管理が正確に行える加熱機器で袋ごとあるいは真空容器ごと低温加熱する調理法です。低温加熱といっても零度や零下のことではなく、100℃や200℃の高温に比べて低いという意味です。具体的な温度帯は58℃〜95℃です。
○従来の調理法との違い
従来の調理法では、仕込みの段階から最終的な味付け、加熱温度や加熱時間等は調理する人の個人的な経験や勘に頼っていましたが、真空調理法では温度と時間を厳しくコントロールします。また真空包装して加熱するため、ある程度の日数、鮮度保持もできます。
安全性を前提にすべての事柄を明確にし、データに基づいた数値で管理して美味しい料理品を作る方法です。
- 真空包装と真空調理
真空包装は包装袋内の空気を抜き、酸化や乾燥を防ぎ、好気性細菌の繁殖を抑えて保存することを目的とします。これに対し、真空調理法では熱伝導をよくするために、食材を調味料と調味液とを一緒に真空包装し、袋ごとそれぞれの食材に合った温度と時間で低温加熱する調理法です。
○安心して美味しく召し上がっていただくために
提供前の再加熱(最終加熱)は料理品により定められた温度と時間を厳守する。
そのためにはスチームコンベクションオーブン(設置されていない場合は湯煎器も可)を使用して温度と時間を定められたとおりに設定して加熱する。
ソース、スープ類は当社の別途定めた仕様により加熱し提供する。
一度加熱し、2時間を経過した料理品は再利用しないで廃棄処分にする。
食べやすい大きさにカットする場合は、真空調理品専用の調理用具にて作業する。
P・E・M食(Protein・Energy・Malnutrition)の紹介
当社では真空調理を利用したP・E・M食を開発し、高齢者の低栄養状態や褥痩対策としておすすめしています。
出張パーティー

ご宴会・パーティーなどの料理のお届けと
出張パーティーも実績豊富

ホームパーティーやご披露宴、会社内での歓送迎会、創立記念、竣工式等の
ご宴会の受注実績も豊富です。洋食、和食、中華の世界で経験豊かな高度の
調理技術を身につけた調理人が心をこめて担当させていただきます。

ご注文に関して
ご人数、ご予算、料理メニュー、お時間等は個別にご相談させていただいております。
どうぞお気軽にご相談ください。

お問い合わせ先
日本給食サービス株式会社まで
〒104−0045 東京都中央区築地5-5-12 浜離宮建設プラザ4F・5F
お問い合わせ電話番号 03―3544―0401
会社概要
社名
日本給食サービス株式会社
代表取締役社長
大久保 潤二
会社設立
昭和56年2月9日
資本金
1,000万円
本社所在地
〒104-0045 東京都中央区築地5丁目5番12号 浜離宮建設プラザ4F・5F
TEL.03-3544-0401 FAX.03-3544-0362
福岡事務所
福岡県福岡市博多区博多駅東3-3-3 新比恵ビル2F
TEL.092-415-6755 FAX.092-415-6711
従業員数
560名(パートを含む)(平成29年10月末現在)
事業内容
病院、福祉施設、事業所、工場、寮、保養所、学校等における給食業務全般
主要取引銀行
三井住友銀行新宿支店
所属団体
社団法人日本給食サービス協会会員
社団法人集団給食協会会員
公益社団法人日本メディカル給食協会正会員
沿革
1981年 2月 新宿区新宿1丁目に資本金550万円で会社設立
3月 社員食堂受託運営開始
1982年 1月 病院給食受託運営開始
5月 本社、千代田区東神田3丁目に移転
1986年 4月 本社、千代田区東神田2丁目に移転
1987年 4月 栄養士研修会開始
5月 増資(新資本金770万円)
1989年 4月 子会社エヌケイサービス(株)設立
1990年 6月 子会社ジェイシーサービス(株)設立
1992年 5月 増資(新資本金1,000万円)
1993年 3月 (財)医療関連サービス振興会会員になる
5月 医療関連サービスマーク(適マーク)認定会社になる
1994年 8月 サービスマーク(商標登録)出願公告決定
1995年 4月 子会社シーエフサービス(株)設立
6月 神田税務署、優良申告法人に認定
1996年 4月 (社)集団給食協会並びに(社)日本給食サービス協会会員になる
1997年 3月 自己資本比率50%台に初めて乗る
4月 中途採用者を中心に毎月定期的に実施する社員教育制度を開始
8月 (社)日本給食サービス協会より優良給食サービス事業者の認定を受ける
2000年 4月 調理技術研修会開始
5月 全事業所にジャーコック(無公害殺菌液供給装置)を設置
2002年 6月 本社(NKSビル)竣工移転
2004年 1月 農林水産省総合食料局長賞受賞
2005年 3月 売上50億円達成
2006年 3月 創立25周年記念式典挙行
2007年 1月 ソフト食の本格導入
4月 衛生管理室設置。保健所OBと栄養士のスタッフでスタート
2008年 9月 学卒求人にマイナビを活用。レベルの高い学生確保に貢献
2009年 3月 栄養士実務研修会追加発足。レベルアップ、業務の効率化、定着に効果
2010年 5月 イベント食としてフレンチのコース料理を本格導入
2012年 2月 西洋フード・コンパスグループ株式会社と資本・業務提携
2018年 1月 本社、中央区築地5丁目に移転